会社案内 COMPANY

  • 企業理念
  • トップメッセージ
  • 会社概要
  • 沿革

企業理念

“The Green Glocal BUSINESS Producer”

サクラインターナショナルは1980年の設立より、現在のESG/SDGs/PRI*の概念を実行し、「もったいない」がコンセプトのSRDS2**の提案に始まり、1990年代後半には 「太陽光発電システムの設置、電動フォークリフトの採用、屋上緑化の工場・事務所を完成させ、2000年代には、ハイブリッドカーを多数導入し、企業の成長に 貢献してまいりました。

当社は、40名以上の外国人スタッフと78名以上の帰国子女・留学経験のある日本人で、従業員の55%を占めており、国内のイベントはもとより、国内から海外、 海外から国内、海外から海外へとグローバルな活動をしております。 そしてMICE、Sports Events(オリパラ、ラグビー、サッカー、e-sports)、万国博覧会など世界中で行われているイベントのサポート、企画・デザイン・製作・運営 維持管理を行い、地球規模でビジネスが展開される時代に合わせて、お客様の機会創出・市場拡大のきっかけをプロデュースすることでお客様のグローバル ビジネスを成功に導くサポートをしてまいりました。 昨今は新型コロナウイルスの影響により、リアルイベントは、デジタル技術を用いたウェビナーやバーチャルイベントなど、新しい「カタチ」に変わりつつあります。 私たちサクラインターナショナルも、求められる「カタチ」に合わせ、「Real ×GLOCAL× Virtual」を当社の新しい事業コンセプトに据え、永きに渡り培ってきた ノウハウにDX技術を掛け合わせたオリジナルの商材を開発し、新たなソリューションを提供してまいります。

サクラインターナショナルは、”The Green Glocal BUSINESS Producer”を目指し、ソリューションを提供していくことでお客様と共に発展していくという理念を実現してまいります。

* PRI:責任投資原則(Principles for Responsible Investment)とは、国際連合が2005年に公表し、世界経済で大きな役割を果たす投資家等が、 投資を通じて環境問題(Environment)や社会問題(Social)、企業統治(Governance)について責任を全うする際に必要な6つの投資原則である。

** SRDS²:展示会ブース再使用システム(Sakura Reusable Display System2) 商標登録第4707576号

トップメッセージ

サクラインターナショナルは ”Challenge” です。 私のモットーは、”Boys be ambitious! 温故知新“ です。弊社の歴史は41年間、新しい創造へのチャレンジの連続です。

お客様に120%のサティスファクションを提供する。このために、230名のスタッフ(55%が真の国際人)全員は、総合企画、グラフィックデザイン、空間デザイン、そしてイベントの企画 運営、さらに生産製作管理、現場製作管理、と一気通貫にしかもグローバル、グローカルに、ご提供できるよう、日々研究と開発の努力を重ね続けております。

企業のお客様にはマーケティングソリューションをドメスティックとグローバルの両面から、また展示会・イベントの主催者様には、装飾といったハード面から、ソフト面ではご出展者対応、 セミナー会議の運営サポート、ご来場者誘致のご協力など、トータルサポートをご提供させていただいております。今後はさらに、地方創生を通じたグローカル面でのソリューションも、 提供し続けてまいります。

この目標実現のために、私どもは今後、Real x Glocal x Virtualをスローガンに掲げ、過去のナレッジの蓄積をDXに載せて新しい道に進展します。サクラインターナショナルは展示会、 イベントの装飾会社(壁屋さん)といった確固たるRealノウハウの上にしっかりと立脚した、IT企業へとさらに進展し、お客様のお役に立てるソリューションを、グローカルに、安く、速くご提供し続けてまいります。

※写真は入れ替え予定

東京グローバルオフィスの放映スタジオから、世界へ、日本へ、社員へ発信

※写真は入れ替え予定

サクラインターナショナル株式会社
代表取締役 妙代 金幸


サクラインターナショナルのSDGs達成方針

サクラインターナショナルはSDGsの達成に貢献していきます。

私達は、Globalな展示会・国際会議・ショールーム・スポーツイベント・インセンティブ・オンライン事業などを通し、地球規模の視点で環境保全に取り組んでいきます。 「安心安全な人々のくらし」、「豊かな社会づくり」を真摯に向き合い、サクラインターナショナルは持続可能な社会に貢献していきます。

サクラインターナショナルは、1980年の設立より、ディスプレイ資材の再使用システムSRDS2の提案と実施・太陽光発電の活用、電動フォークリフトの採用を 1990年代後半には実施し、2000年よりハイブリッドカーの多数導入や高効率照明の推進、再利用可能なファブリックシステムの提案・実施を図ってきました。
今後はSDGsの達成活動に加え、ESG/PRIの概念を実行して、社会への貢献と企業の成長を進めていきます。

会社概要

社名 サクラインターナショナル株式会社
代表者 妙代 金幸 Ken (Kaneyuki) Myohdai
本社
大阪本社 〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町1-7-3 ENDO堺筋ビル3F・4F
Tel:06-6264-3900 Fax:06-6264-3901 
MAP
事業所
東京本部 〒135-0042 東京都江東区木場 2-17-13 第2亀井ビル5F
Tel:03-5646-1160 Fax:03-5646-1161 
MAP
インテックス事務所 〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1-5-102 インテックス大阪センタービル2F
Tel:050-5804-1783 Fax:050-5804-1784 
MAP
東京スタジオ 〒340-0013 埼玉県草加市松江3-19-27
Tel:048-930-0750 Fax:048-930-0751 
MAP
東京スタジオ(草加デポ) 〒340-0013 埼玉県草加市松江6-6-31
MAP
奈良第1・2工場 〒633-2422 奈良県吉野郡東吉野村鷲家1054
MAP
奈良第3工場 〒633-2422 奈良県吉野郡東吉野村鷲家1125
MAP
奈良第4工場 〒633-2422 奈良県吉野郡東吉野村鷲家1121
Tel:0746-42-1097 Fax:0746-42-1096 
MAP
奈良第5工場 〒633-2422 奈良県吉野郡東吉野村鷲家53
MAP
奈良第6工場 〒633-2311 奈良県吉野郡東吉野村木津117
MAP
ラスベガス事務所(現地法人) 555 E.Pamalyn Ave. Suite C Las Vegas, NV 89119, USA
Tel:+1-702-816-2800 Fax:+1-702-816-2801
(stewart@sakurain.co.jp)
https://ja.sakurain-lasvegas.com/  
MAP
上海事務所(NECC近く) Room 716, Building 5, Oasis Middle Ring Business Centre,
1628 Jinshajiang Road, Putuo District, Shanghai, China
(中国上海市普陀区金沙江路1628弄绿洲中环中心5号楼716室)
Tel:+86-187-2130-1327 
ドバイ連絡事務所 Road # D-62, Opposite Nad Al Hamar, Dubai, UAE
(c/o Index Conferences & Exhibitions)
Tel:+971-4-520-8888 Fax:+971-4-338-4193 
海外事務所 ロンドン・ボストンは新型コロナの状況によりオープン
創業 1972年4月1日
法人設立 1980年2月2日
資本金 7270万円
売上高 56.1億円(2019年8月期)
41.0億円(2020年8月期)
取引銀行 三菱UFJ銀行 玉出支店
三井住友銀行 天王寺法人営業部
みずほ銀行 阿倍野橋支店
りそな銀行 阿倍野橋支店
南都銀行 帝塚山支店
京都銀行 難波支店
池田泉州銀行 堺筋支店
役員 代表取締役/妙代金幸
取締役/五十嵐直人
取締役/植木雅史
取締役/Justin August
取締役/長岡伸江
監査役/松井等
監査役/坂田敬三
監査役/金子和夫
従業員数 225名(2021年1月4日現在)
事業内容 ■国内・海外の各種イベント(MICE・スポーツ・BtoC)の総合企画・2D/3Dデザイン・製作/施工・ 総合的運営及び主催者サポート管理業務一式
■上記リアルイベントをグローバル(グローカル)およびバーチャルに展開
■DXによるデジタル展開事業(IT NOW事業)
■オンラインコンテンツ/映像コンテンツ企画製作
■国際広告・PR及び付随する業務(海外メディア総代理店)
■警備業・人材派遣業及び建築業
■リアルの展示会の装飾資材全般の再使用システム(SRDS²)の推進とサクラモジュールシステムの レンタル(オクタノーム・スマパーパネル®・ポスターパネルスタンド®等々)
許可・登録 一般建設業(建築工事業・内装仕上工事業)国土交通大臣許可(般-2)第23638号
警備業 東京都公安委員会許可 第30003524号
人材派遣業 厚生労働省許可 派27-301845
認証取得 プライバシーマーク 第17001295(05)号
ISSAのGBAC STAR認証(本社・東京本部)※認証申請中
所属団体 ■ 日本空間デザイン協会(DSA)
■ 日本展示会協会(JEXA)
■ 大阪ディスプレイ協同組合(ODA)
■ イベント学会(JIE)
■ 日本コングレス・コンベンション・ビューロー(JCCB)
■ 日本コンベンション協会(JCMA)
■ 日本貿易振興機構(JETRO)
■ 関西経済同友会(KACE)
■ 関西経済連合会(KANKEIREN)

■ 日本旅行業協会(JATA)
■ 大阪観光コンベンション協会
■ 京都文化交流コンベンションビューロー
■神戸観光局
■ ちば国際コンベンションビューロー
■ 東京観光財団(TCVB)
■ 横浜観光コンベンションビューロー
■ 福岡観光コンベンションビューロー
■ 名古屋観光コンベンションビューロー
■ 東京商工会議所
■ 大阪商工会議所
■ 岡山県産業振興財団
■ 京都商工会議所
■ 在日オーストラリア・ニュージーランド商工会議所
■ 東大阪商工会議所
■ 八尾商工会議所
■ 大阪中小企業投資育成年輪会
■全国スーパーマーケット協会
■ 大阪外食産業協会
■ 大阪装粧品協同組合
■ 高速道路調査会(EHRF)
■ 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)
■ ITS Japan (高度道路交通システム)
■ 生活支援ロボットビジネス研究会
■ 日本ショッピングセンター協会(JCSC)
■ 日本eスポーツ連合(JeSU)
■ 環境未来フォーラム
■ International Congress and Convention Association (ICCA)
■ International Federation of Exhibition and Event Services (IFES)
■ Meeting Professional International (MPI)
■ Experiential Designers & Producers Association (EDPA)
■ Asian Federation of Exhibition and Convention Associations (AFECA)

沿革

1972年4月 妙代金幸の創業により、ドイツの 出版社Meisenbach GmbH, Bambergの日本総代理店として海外広告代理業を発足。
1980年2月 法人に改組し、資本金100万円でインターナショナルエーアンドエム株式会社を設立、大阪に本社を置く。
1981年12月 英国の出版社Publex International Ltd.の日本総代理店として、ヨーロッパの国際WIRE展を、初めてアジア(開催地シンガポール)で開催させ、日本事務局として日本国内の23社の出展を得る。
1982年11月 “Wire Asia展指定のシンガポール装飾会社との取引きを機に、自己資本を投じ、日本支店を設立。
東京で営業活動を開始。東南アジア・中国等々における「現地製作」のビジネスモデルを確立。”
1989年2月 シンガポール装飾会社との提携を解消。サクラディスプレイ株式会社を設立。国内外のイベント・ディスプレイ業務を開始。モジュラーシステムを広める活動を開始。
1990年2月 奈良工場を開設。
1994年12月 サクラインターナショナル株式会社に社名変更。同時に増資をして資本金1,000万円とする。
1997年2月 “第43回東京インターナショナルギフト・ショー東3号館の指名業者となる。
過去の実績、ノウハウ、ネットワークを活かして事業成長を重ねる。”
2003年2月 大阪中小企業投資育成株式会社様より投資を受け資本金4,200万円とする。東京東砂に第1スタジオを開設と同時に東京事務所を併設。
2004年11月 本社を大阪市阿倍野区播磨町1丁目22番11号へ移転。
2005年4月 東京新木場に東京第2スタジオとして、東京ビックサイトへ5分の場所に第2倉庫・工場を設置。
2006年5月 東京第1スタジオより営業、デザイン部門を東京都江東区牡丹1丁目15番1号(門前仲町)に移転、東京本部を開設。
2009年4月 東京国際フォーラムの指定業者となる。
2009年10月 サクラインターナショナル従業員持株会を設立。
2009年10月 さいたまスーパーアリーナの指定業者となる。
2010年1月 東京第1・第2スタジオを統合し、埼玉県草加市に新たに東京スタジオを開設。
2011年12月 ドバイに連絡事務所を開設。
2012年5月 資本金を7,270万円に増資し、現在に至る。
2012年6月 国際幹細胞学会ISSCR(会長 山中伸弥教授)がパシフィコ横浜で開催され、展示会、ポスターセッション等のオフィシャルコントラクターを行う。
2012年8月 東京本部事務所を東京都江東区門前仲町2-5-9 深川三和ビルに移転。
2012年9月 SIBOS(SWIFT International Banking Operation Seminar)がインテックス大阪で開催され、イギリスのオフィシャルコントラクターのもとに展示会、インターネット構築等の業務を一手に引き受けて行う。
2012年11月 USオフィスをワシントン州スポーケンに開設。
2013年3月 中国北京に連絡事務所を開設。
2014年10月 IBA(International Bar Association)の国際会議、展示会が東京国際フォーラムで開催され、展示部門のオフィシャルコントラクターを行う。
2015年6月 大阪国際見本市会場(インテックス大阪)内2階にインテックス大阪事務所開設。
2015年8月 米国ラスベガスにUSAオフィス・工場を開設。(Sakura International USA, Inc.)
2016年3月 本社を大阪市中央区備後町1-7-3 ENDO堺筋ビル3F・4Fに移転。
2018年12月 東京国際フォーラム・帝国ホテルおよび八芳園にて、第二回「SAKURA International Decennial(10周年) Meeting 」を開催。 全社員220名+海外・国内の協力会社 合計470名以上が集い、2日間にわたって開催。
2019年1月 東京本部事務所を東京都江東区木場2-17-13 第二亀井ビル5階へと移転。
2019年8月 売上高56.1億円、税引前利益 1.9億円を達成。 
2020年2月 半期売上高38.7億円、税引前利益6.5億円を達成。
2020年8月 第41期は、新型コロナ禍の影響を受け、売上高41.0億円、税引前利益0.3億円にて着地。
2020年8月 DX推進・その他のIT可等を進めサクラインターナショナルを強化する目的により、 業務を3つの柱にわけ、それらをそれぞれ第1セクオイア事業(AMC・CMC事業)・第2セクオイア事業(新事業/DMC・VMC事業)第3セクオイア事業(IT NOW事業)と命名。

閉じる