CSRへの取り組み

サクラインターナショナルはSDGsを支持し、CSR重要課題との関連性を考慮した様々な活動を中心に、SDGsの達成に貢献していきます。

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

SDGロゴ
日本語であらわすと、『持続可能な開発目標』となります。2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として, 2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。 持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind) ことを誓っています。

ページトップへ

サクラインターナショナルのSDGsへの取り組み

SDGsには、これまですでにサクラインターナショナルが取り組んでいる活動も多く、これからもこの目標に対し、全社一丸となって取り組んでまいります

従業員の健康・安全

SDGロゴ

各事業所に衛生委員会を設置し、職場の安全対策や熱中症・インフルエンザ対策などの労働衛生テーマについて産業医から 講習を受けるなど、社員の健康に配慮しております。
生産本部を中心に安全委員会を設置、定期的な現場安全巡回の 実施および指導、事故報告の共有・再発防止策の策定等を実施。 あわせて、年1回の全社安全大会を行い、協力会社との綿密な 情報共有等、社員および協力会社社員の安全に配慮しています。

ページトップへ

ダイバーシティ

SDGロゴ

年齢、学歴、性別、国籍などに左右されることなく、教育、配置、業務の平等な機会が与えられ、 さまざまな職場の経験を通してキャリア形成を図り、本人の能力で昇格昇進が検討される人事体系を確立しております。
全従業員のうち、外国籍を持つ社員が1割を超え、外国籍を もつ方が取締役の一人として就任しております。
全従業員のうち、女性従業員が占める割合は約4割5分を超えて おります。(2019年4月現在)女性従業員が管理職で活躍する 場が増えてきております。

ページトップへ

環境への取り組み

SDGロゴ

2000年前半から環境保護への取り組みとして以下の項目を 実践しております。
  • 展示会におけるLED照明の導入(2005年より)
  • 奈良工場への太陽光発電導入
  • 営業車両としてハイブリッド車導入
  • 展示会資材再利用システム(SRDS2®)の導入
  • 上記、導入による廃棄物量の抑制

ページトップへ

コンプライアンス

SDGロゴ

法令、基本綱領、社内規程、社会規範、倫理などの遵守を 徹底し、公正・誠実な競争による事業活動を推進するとともに、 生活者の視点と立場を重視して事業活動を行っております。
廃棄物の処理についても法令などに乗っ取った適正な方法での 廃棄を徹底すると共に、再利用可能なものはすべてリサイクル を行う活動を行っております。
他社の知的財産権を尊重するとともに、自社の権利を積極的に 活用してまいります。

ページトップへ

人権の尊重

SDGロゴ

あらゆるダイバーシティを尊重することこそが、当社の最も かけがえのない強みであるという考えから、企業活動において  人権が尊重されるよう、性別・年齢・思想信条・国籍・身体的 特徴などによる差別的行為を禁止しているほか、職場内に おけるパワーハラスメントやセクシャルハラスメントの防止に 努めております。