救急自動通報システム(D-Call NET)プレスカンファレンスを
担当させていただきました。

2016/01/15

認定NPO法人 救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)様主催にて
「救急自動通報システム(D-Call NET)」の試験運用開始の説明会が
2015年11月30日に東京都お台場のメガウェブにて行われました。

D-Call NETとは交通事故が起きた際、ドクターヘリの現場到着を早め、
救命率の向上につなげる目的でシステムが開発されました。
エアバッグが作動すると車両に搭載された機器が衝突の激しさやシートベルト着用の
有無などを専用の分析システムに自動通報します。
そこで過去の約280万件の事故情報を基に、車内乗員の被害程度を自動的に分析し、
全国9箇所のドクターヘリの拠点病院に知らせます。トヨタ自動車株式会社様、
ホンダ技研工業株式会社様、株式会社日本救急通報サービス様などが参加し、
2015年11月30日から試験運用が開始されております。

このような公益性の高いプレス向け説明会の運営・装飾部分につきまして
私どもサクラインターナショナルにてお手伝いさせていただき、数多くの
プレス関係者が足を運ばれ、TV・新聞・雑誌等にて報道されることとなりました。

今後も展示会だけでなく、シンポジウム・セミナー・国際会議等、
幅広い分野にて、私どもの装飾に関するノウハウ等を活かし、
社会への貢献を果たして参ります。