東京スタジオにグラフィック・デザイン・
オペレーションルーム(GDO)を増床、
出力機器の増設を行いました。

2017/04/26

サクラインターナショナルは、生産拠点である東京スタジオ(埼玉県草加市)の
グラフィック・デザイン・オペレーションルーム(GDO)を増床、出力機器の
増設を行いました。

これまで東京スタジオ内に100㎡だったものを、150㎡へ増床し、
そこに大型溶剤プリンター1台と大型水性プリンター1台の2台を増設しました。

【溶剤プリンター】
木工物件における、壁紙となる表具印刷をするのに活躍するプリンターです。
その他、行灯を用いたデザインの場合、このプリンターで印刷を使用します。

これに加え、この4月に東京スタジオGDO室へ2名の社員が入社し、
年々増加している大判印刷への依頼に対して、物的な側面でも人的な側面でも増強となり、
益々、お客様のご要望に確実に対応できる体制となっております。

なお、サクラインターナショナルのグラフィック専門部門であるGDO室は
東京スタジオ以外にも、大阪本社、東京本部、奈良工場。
そして会場内作業所として東京ビッグサイト、インテックス大阪でも
大判出力対応が可能となっており、東京・大阪を問わずきめ細かい対応をさせて頂いております。

展示会、イベントにて大判印刷が必要な際にもサクラインターナショナルへ
お声がけください。